2018年02月20日

無年金時代の到来を、どう乗り切る

無年金時代の到来を、どう乗り切る
◎無年金時代の到来を、どう乗り切る
現在は、平成13年からは25年をかけて60歳前半で受ける年金が段階的に65歳に移行し、平成38年(女性は5年遅れ)からは、国の年金は完全に65歳からの受給になります。
●年金受給資格
(1)60歳以上であること
(2)1年以上の(厚生年金の)被保険者期間を有すること
(3)老齢基礎年金の受給資格者期間を満たしていること(25年以上の加入期間)
<支給開始年齢>
※女性は5年遅れ
生年月日 支給開始年齢
男性          基礎年金=国民年金・報酬比例部分
昭和16年4月1日以前        60歳 ・ 60歳
昭和16年4月2日〜昭和18年4月1日 61歳 ・ 60歳
昭和18年4月2日〜昭和20年4月1日 62歳 ・ 60歳
昭和20年4月2日〜昭和22年4月1日 63歳 ・ 60歳
昭和22年4月2日〜昭和24年4月1日 64歳 ・ 60歳
昭和24年4月2日〜昭和28年4月1日 65歳(基礎年金)・ 60歳 (報酬比例部分) 
昭和28年4月2日〜昭和30年4月1日 65歳(基礎年金)・ 61歳 (報酬比例部分)
昭和30年4月2日〜昭和32年4月2日 65歳(基礎年金)・ 62歳 (報酬比例部分)
昭和32年4月2日〜昭和34年4月1日 65歳(基礎年金)・ 63歳 (報酬比例部分)
昭和34年4月2日〜昭和36年4月1日 65歳(基礎年金) ・64歳 (報酬比例部分)
昭和36年4月2日以降    基礎年金、報酬比例部分共 65歳から支給

●現在定年の近い人はその年の誕生月に送られてくる、年金定期便にてハッキリ年金額と支給開始年齢を明記しています。
従って、上記の表からもわかる通り昭和28年4月2日生まれ以降の人が定年を迎えると一年間無年金と言うことです。しかも段階的に、昭和36年4月2日以降生まれの人が定年を迎えると65才まで完全無年金となるわけです。
60歳から65才まで公的年金は受給金額が一切ありません!
ではどうするのか。
従ってこの間は私も含めて大多数の方は、再雇用なりでフルタイムで働かなければ生活が成り立ちませんね。
※ざっくり言って私の例に言えば常昼フルタイム残業なしで年収290万円です。
是に再雇用給付金が、年間42万円有ります。計332万円是では生活するのにほぼぎりぎりでしょう。


posted by 年金太郎 at 19:43| 定年後の年金生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

年金の支給日、支給月について

年金の支給日、支給月について
☆年金の支給日、支給月について
やはり皆さん、年金受給年齢に近くなると年金支給日が大変気になるようですね。
そこで改めてアップします。
●支給日は法令で決まってまして、偶数月の15日に、前々月と前月の2か月分を金融機関に振り込むことになっています。
もし、偶数月の15日が土曜日・日曜日・祝日にあたる場合には、その直前の平日に振り込まれます。
但し、「その直前の平日」が万が一金融機関の休業日にあたってしまった場合には、「その直後の平日」に振り込まれます(ややこしい…)。

●年金の支給開始月は、60歳に到達した月の翌月です。
従って、例として3月2日に60歳となった方の支給開始は4月分からです。
また、年金の支給月は偶数月で、2か月分後払いです。
このため、順調に手続きが完了すれば、4・5月分を6月に受取ることになります。

但し、実際の年金の請求手続きは、役所の事務処理上、時間がかかります。
このため、最初の支給月が6月以降にずれ込む場合も多いと思います。しかし、初回の支給が遅れても、あくまで支給額は4月分から計算し、遅れた月数分は一括して初回の支給時に支払われるはずです。
※私も現在63歳となり、再雇用されながら年金を受給していますが、最近会社の職務制度が変わり
おかげさまで給料が月¥42,000上がったのですが、これが何とぬか喜び!年金は更にカットされるは
再雇用給付金は、大幅に減額されるは・・いやはや何とも不合理な話で・・このてん次回に詳しく
説明したいと思います。
posted by 年金太郎 at 16:38| 年金支給月、支給日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。