2014年02月10日

生活保護と年金の支給金額

☆生活保護と年金の支給金額
少々長くなりますので二回に分けてアップします。
ます生活保護の条件と、8つ扶助(8つの特典と言ってもよろしいのではないでしょうか)
まず最近の一部の若い人の意見「いざとなれば生活保護をもらうから、年金保険料は払わない」
国民年金保険料未納増加の背景には、国民年金の満額を受給するよりも生活保護でもらえる金額の方が多いということも、一つの原因として上げられると思います。
※実際この制度はおかしいです。かなり矛盾している所が多々ありますね。
40年真面目に国民年金を納めた人が月々65000円の支給しか有りません。翻って生活保護者の人は
東京を例にして月額 137,400円(東京都・単身者・家賃込み)となります。その上下記の8つ扶助がうけられます。これでは納得いくわけがありません。

しかし、単に年金の受給金額が生活保護の基準(最低生活費)に届かないからということだけでは生活保護は受給できません。ここでは、生活保護の支給金額や条件について、説明したいと思います。

●生活保護には8つの扶助がある
生活扶助:食費や衣料、水道光熱費など日常生活に必要な費用
住宅扶助:アパート等の家賃代金
教育扶助:義務教育を受けるために必要な学用品費
医療扶助:医療サービスにかかる費用(医療機関までの交通費も含む)
介護扶助:介護サービスの費用
出産扶助:出産費用
生業扶助:就労に必要な技能の習得等にかかる費用
葬祭扶助:葬祭費用
このうち通常の最低生活費の計算に使われるのは「生活扶助」「住宅扶助」「教育扶助」です。最低生活費を上回る収入がある場合には、生活保護は適用されません。
なんとまあ、優遇されていることでしょうか・・・・
続きは次回に・・










posted by 年金太郎 at 19:58| 生活保護について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。