2012年03月06日

公的年金のみで海外移住生活

☆公的年金のみでの海外移住生活

今最も人気のある海外移住先、マレーシアに住んでいいらっしゃるあるご夫婦の話ですが、

主人が定年を退職すると、主婦は3度の食事の世話でより大変になるそうです。主婦だって定年したいんですよ。出来れば家事から解放されたいと言ってしいるそうです。確かにそうですよね納得。実際マレーシアでは、週に3日メイドに来て貰って、掃除・洗濯・アイロンがけ等お願いして、月12、000円で済むそうです。
※年金生活者でそこまでできると言うのもうらやましい話ですね。

●食事も頼めるが、色んな家事から解放されたら当然主婦も自由時間が増えます。外食も簡単に利用できますし、主婦にとってもご褒美人生ですよと説明してました。家事から解放されたあまりある時間を、今まで出来なかった趣味を楽しんでいるようです
 
 医療についても技術的にも日本のレベルより高いそうですが、費用は日本よりも格段に安いそうです。日本語の出来るスタッフも多いとの事です。国民健康保険も利用できるので便利との事です。

 日本人同士の交流会も活発で、忙しく楽しく過ごしている事の説明を楽しいそうにしていました。しかし、奥様としては、英会話とパソコンと車の運転は出来るようにしてからロングステイした方が良いですよといってました。

日本でのか細い年金生活を考えれば、夢のような話ですが,用はお金の価値が違いすぎるんですよ日本と比べると、けれども移住するにはいろいろ条件があるみたいでして、マレーシア マイセカンドホーム(MM2H)ビザの取得条件をクリアーしなければいけないようです。
 詳しく知りたい方は、坂本さんのホームページが解りやすいですよ。








posted by 年金太郎 at 11:08| 年金生活での海外移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。