2019年07月02日

失業保険と厚生年金の同時支給は可能か

失業保険と厚生年金の同時支給は可能か

失業保険は離職理由により3ヶ月の給付制限期間があリます。定年退職なら制限はありません。従って、60歳以降に退職すると年金と失業保険の両方を受け取ることができる状況にあるわけですが、残念ながら現在は両方を同時に受け取ることはで来ません。過去には貰える事が出来ましたが現在は選択する必要があります。

しかし!何事も裏技的な方法があるのです。確かに定年で退職すれば会社都合で、待機期間無しで150日は貰えます。
けれども今は、皆さんほとんど再雇用を選択して65歳まで働き続けるのが現実だと思います。
そこで、自分の誕生日が来る前に(一月ほど前が良いかな)辞めるのです。そして誕生日の翌月にハローワークに、離職票を持って
失業保険給付の手続きをするのです。年金は65歳の誕生月で満額受給の権利が発生してますので貰えますよね。
且つ、失業保険は待機期間が、3ヶ月間発生しますが150日分は貰えます。からくりは離職票の期間が一年間有効だからです。
長い期間失業保険料を払い続けてきましたので、貰って突然の権利です。
※こういうことは、年金機構も、ハローワークも教えてくれません!


■失業保険 …… 月額
一方、失業保険については、雇用保険の加入期間と退職前6ヶ月の給料の平均で決まります。支給額は、給料の1日平均額(賃金日額)の45%〜80%が基本手当日額として支給(基本手当日額上限 6,543円(平成22年8月〜平成23年7月)されます。
基本手当の日額が上限の6,543円となり、月額にすると(×30)19万6千円ほどとなります。最高150日分が支給されることになります。








posted by 年金太郎 at 10:47| 失業給付金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

年金受給者の税金

◆年金受給者の税金

「公的年金」のうち、「障害年金」「遺族年金」などによる「年金収入」は「非課税」です。(つまり、「所得金額」としては「0円」とみなされます。)
「老齢年金」も「年金による収入の金額」にそのまま税金がかかるわけではなく、【所得の金額が0円】ならばやはり税金はかかりません。

●たとえば、「65歳以上」ならば、「年間120万円」までの年金収入は「所得の金額」としては「0円」です。
それは、年金の年額と年齢とによります。
65歳未満なら年額から 70万を、65歳以上なら 120万を引いた数字が年金による「所得」です。
この「所得」が 315,000円以上なら、少なくとも住民税の「均等割」は発生します
●「所得」-「所得控除の合計」
が 2,000円以上になれば、所得税 (国税) が発生します。
※所得控除の詳しいことは以下のアドレスで確認してください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

※ということで、実際に税金を払う事になるかどうかは「ケース・バイ・ケース」で、ある程度年金収入がなければ「所得税」も「個人住民税」もかからないようになっているということですね。







posted by 年金太郎 at 14:29| 年金の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa